2014年2月17日月曜日

確定申告書、完成。


確定申告書、完成。
このあと提出してこよう。
一昨年来、少し考え込む様な売り上げに・・・・。

以前からデジタル画像のカラーマッチングをと色々な機材で試して見ているのだが、これと言った物が見つからない。
やり方が悪いのか、それともこの程度の物なのか・・・。

いつも根本的な問題に引っかかる。
何に対してマッチさせるのか、長くこの仕事をしているが、先方からこの機材のこのプロファイルで色を合わし込んで下さい。という依頼を受けた事が無い。
言っても話が通じない、多分印刷機にバラツキが多く制御できていないのでしょうね。
出来無いのか、しないのかは解りませんが。

このモニター色合ってる ?、と首を傾げたくなる様なモニターが並んでいる所も多く、制作段階からの色の管理というものが、殆ど見られないところが多いですよね。
しかしその片方で「色が違う」と言う・・・どちらの色が違うのでしょうかね。

印刷物を作る過程で事実上、熟練した製版という部署が無くなり、コストダウンと言って安価な機材を使うようになってしまった・・。これも時代の流れか。


印刷会社もこの印刷機はこのモニターでこのプロファイルを使って合わし込んでいけば、シビアな調整が可能です。
という話があっても良いと思うのだが・・・・
これも未だかつて聞いた事が無い。

地方で撮影の仕事をしていると、自分なりに画像の色基準を持たなければ話にならないと思いますよね。

現在使用しているEIZOのL997をアイワンで色測定してもほとんど誤差は出ない。
これだけ長い間使って、色のヅレが殆どないのだから、よほどしっかり作られているのだろう。
しかし、もう5年間使用している。
不満は無いのだが償却も終わった事だし、この辺りで 買い替えよう。
やはりEIZOのColorEdgeシリーズだよね。

カラーマッチングと言っても、
どこの印刷機で印刷するのかさえ解らない時は、
やはり信頼出来るカラーモニターで基準カラーと言われている色味に仕上げるのが良いのではないでしょうかね・・・。

解決策はとうの昔に提示されているのだが
・・・・
いつになっても答えは遥かに遠い。


0 件のコメント:

コメントを投稿