2020年4月26日日曜日

2人だけのドライブ

づ〜っと、家の中にいて、訳のわからない芸人やタレントが、MCを務め、言いたい放題の番組を見ていると、
「てめぇ、何がわかっているだ」と、言いたくなり、
ストレスやイライラが溜まってきます。
こいつらが、世の中を悪くしている。としか思えない。
もうこんな番組は見ない。

そこで、
夫婦で2人だけのドライブなら、家の中にいるのと同じ状況だよね。
ということで、
食料品は、車に詰め込んで、
他人に出会うを心配するなら、トイレだけです。

国道を走ると、他府県への移動は自粛してください。とあるから、県内だけにとどめて。
一般的な観光地と呼ばれるところには、立ち寄らず、
高速道のSAも人影が、まばらな様ですが、立ち寄らす。
海辺や山の中をゆっくりとドライブ。

僻地にある道の駅は、売店が閉まっており、人影もなく、ちょっとの休憩は、大丈夫な様ですね。
ということで、
朝の10時に出発、4時30分帰宅、
途中3回トイレ休憩。
移動距離、約300km。
休憩時間、1箇所で5-10分程度。人が見えたら、すぐに移動。
春の風景を見ると、気持ちも、少し落ち着きます。





2020年4月21日火曜日

iphone11proとcanon EOS5D_mk4 の写真比較 ver.2

コロナの影響で、家に、こもったヒマな日々を過ごしています。
iphone11proは商品撮影に、使用できるのか、を試してみました。

結論だけ、先に言います。
「使えると思います」

今日は、LEDライトを1灯で、どの程度、写るのか試してみました。
ライトはトッブ少し後方から、周り3方をレフ板で囲むという、写真の様な、最もシンプルなライトです。

1.
EOS5D_mk4は流石に、色も変なカブリは無く、整ったデータで撮影されます。
一方、iphone11proは、かなり、黄色が強いですね。

2.
Photoshop Lightroomの現像を使って、自動補正をかけます。
どちらも、ビデオカメラの黒い部分が、明るくなり、調子が出できます。
EOS5D_mk4の方が少し良い程度です。

3.
2の後、 Lightroomで全体の色調などを調整します。
部分的には、触っていません。

この状態で拡大しても、目立ったノイズもなく、iphone11proとcanon EOS5D_mk4の差は、わずかな様に思います。

普通、この程度のスマホで撮影した場合、ビデオカメラの黒は、Lightroomの自動補正ではあまり調整できませんが、スマートHDRの効果だと思いますが、黒い部分も潰れずに、多くのデータが残っている様です。

この程度、データが揃っていれば、まだまだ、部分的に調整できますね。





2020年4月19日日曜日

iphone11proとcanon EOS5D_mk4 の写真比較

結論からいうと、驚きました。
iphone11proは、スマートHDRの技術で
写真が美しいと聞いていましたが、確かに技術革新だと思います。

ちなみに
canon EOS5D_mk4は、
EF24-70mm F4L IS USMのレンズをつけて
現在のamazonでの価格457000円です。

canon EOS5D_mk4の設定は、
露出設定 P(プログラムAE)
ホワイトバランス AWB(オートホワイトバランス)
ISO 400
ピクチャースタイル スタンダード
で撮影しています。

解像度は、iphone11proが、左右4032ビクセルなので、
canon EOS5D_m4 の方も、一度、左右4032ビクセルに落としました。

アプリによる撮影後の色補正はしていません。

掲載している、写真は、
左右4032ビクセルの写真を、2枚並べて作成。
そのままアッブすると、データが大きいので、左右を1/4に縮小し、jpgの「中」で保存しています。

スマートHDRで、少し、ビビットな色合いにも感じますが、
以前の HDRよりは、かなり自然な感じになっていすね。

色のヌケや機能が・・などと言い出すとキリがありませんが、シャッターを押すだけで、ここまで撮れるというのは、すごいの一言に尽きますね。
フォトショップで明るさなど部分的にさわってみましたが、結構、補正の効くデータだと感じました。






2020年4月4日土曜日

Iphone11proとOsmo Mobile3

今までスマホの必要性を感じなかったのですが、
Iphone 11 pro、色んなレビューを見ていると、どうも普通のカメラではなさそうですね。

CNET japanのニュース
iPhone 11 Pro」最新カメラの実力は?-- 「iPhone XS」と撮り比べ。「本文より一部を引用」
ユーザーがシャッターボタンを押す前に8枚(速いシャッタースピードで4枚、遅いシャッタースピードで4枚)、シャッターを押したときに9枚目の写真を撮影する。
その後、iPhone 11 Proはそれぞれの写真を分析し、よりきめ細かくて画像ノイズの少ない、最適な1枚の写真を作成する。

と出ています。
もはや、今までのカメラとは、根本的に違いますね。
写真や動画の手軽な撮影は、新しい時代に変わろうとしているのかもしれませんね。
特にこのIphoneのスマートHDRという処理が年々進歩して、より自然なHDRが作られているようです。

Iphone 11 proでカメラの進化を見てみたい。
もっと手軽るに、手ブレのない動画も撮ってみたい。
新しい物を見ると出てくる、いつもの悪い病気が・・・。
それならば、お手軽で便利な、DJI Osmo Mobile3も一緒に。

Iphone11pro、メモリーを増やして、 アップルケアに入って、DJI Osmo Mobile3も付けて・・・結構な価格になりますね。


2020年4月2日木曜日

内食ということで、

世間の騒がしさを受けてか、仕事も少し滞りがちです。
ちょっと外食を控えて、内食に、ということで、
キッチン周りも少し整理して、使いやすくまとめてみました。

先日の「電気圧力鍋」に引き続き、パナソニックの「ビストロ」を購入。

油を使わずに、揚げ物ができるというので、試しに「鳥の唐揚げ」を作ってみましたが、やはり、油で揚げたように、カラッととは仕上がりません。
ただ、パスタなど、ワンボールで手軽るに作れるものには、重宝しています。
トーストの焦げ目がつきながら、しっとり仕上がるのも好きですね。

次は、パン生地などをコネる、キッチンエイドのスタンドミキサーがあればいいねと、言っておりますが、しばらくは検討を要するということで。