2012年9月10日月曜日

休日はどこに行くvol.008 道の駅と温泉が合体


和歌山県白浜町 道の駅 椿はなの湯

志原海岸を出て車で約15分で到着。
もう完全に道の駅めぐりになってしまった。ここを最後にまっすぐ帰ろう。

この道の駅は最近、出来たのか全く知らなかった。
道の駅と温泉が合体している。足湯の看板も出ている。
最近、はやりのEV車の充電器、温泉の湯の自動販売機とあまり見慣れないものが揃っている。

今、ここで温泉につかれば眠ってしまうだろうと温泉には入らずにとなりの直売所に。
魚の干物や野菜が並んでいる。
カンテンが並んでいたので、1つ購入、200円。
なぜかこのような直売所で100円とか200円の値札を見るとすごく得をした気がする。

早々に切り上げ帰路につく。阪和道が混雑している情報が掲示板に出ている。迷ったあげく国道42号線で和歌山市内まで帰ることにした。国道は全く混雑していなかったが、やはり時間は2時間半かかって自宅に到着。

雨が降りそうな天気が一日中続き、暑くなく、山中は涼しかったが、青い空、青い海を見ながら走る紀南への道は暑くてもやはり晴天の方が良いように思った。


本日の移動
和歌山市内出発ー「滝の拝太郎」−「1枚岩」ー「カニとエビの水族館」ー「イノブータン王国」ー「志原海岸」ー「道の駅はなの湯」ー和歌山市内。
330kmでした。










0 件のコメント:

コメントを投稿