2012年9月4日火曜日

休日はどこに行くvol.002  一枚岩

和歌山県 古座川町 「一枚岩」


妻と2人、県内の道の駅を回ってみようと言うことになり、行くなら少し遠いところと片道145kmの古座川町の道の駅「一枚岩」を目指す。

朝8時30分に和歌山市内を出発。阪和道が上り下りが出来たおかげか、行きはスイスイ、南紀田辺まで約1時間、
串本町和深で左に折れ約14km、山の中の道はほとんど車が通っていない。そして涼しい。ここもスイスイである。

ただ困ったことが財布に千円札が2枚、途中で気が付いたのだが、コンビニで下ろせばと思っていたが、無い、コンビニが無い。
プリペイドカードやクレジットカードは持っているが使える店がない。
日置川町を走っているときコンビニあったよなぁ。妻の財布にも2000円。どんな夫婦や。いつものまぁいいか。

一枚岩に到着。すごい、これ本当に1枚の岩でできているの?
川の水もすごくキレイ。
鮎釣りの人が2人いる。ここなら釣れなくてもいいやと思うくらいキレイです。

天気は今にも雨が降りそうなくらいドンヨリしている。だから一層美しく見えるのかもしれない。
晴天も良いが夏の暑いときはこう言う天気もまたいい。

横にある観光物産センターで窓際に席を取り一枚岩に向かって、食事。
窓いっぱいに広がる一枚岩と澄み切った水、泳いでいる鮎もチラチラと見え此処は格別だ。

やはり名物をと「鮎そば」を注文。そばに鮎の天ぷらが入っている、ほどよい味でおいしく、お汁まで飲みきってしまった。
妻はラーメンみたいなものを注文、味はと聞いてみたが「うん・・」と言うだけ。2つで1400円。

もう一カ所この奥にも道の駅「瀧之拝太郎」と書いてある、道の駅が地図に出ている。行ってみよう残金2600円






0 件のコメント:

コメントを投稿