2013年2月1日金曜日

京都大学白浜水族館


休日はどこに行く vol.121
京都大学白浜水族館
(和歌山県 白浜町)

古くからある水族館で小学生の頃、行った事がある程度にしか覚えていませんが、それ以来、行った覚えも無く、今回初めての様な感じです。

ここは背骨のない無脊椎動物の展示が多いとのことですが、白浜近海で採れた、魚も多く展示されています。

ロウニンアジやギンガメアジなど、白浜近海では海水温が低いため越冬出来ない魚は1年魚を採ってきてこの水槽で育てているそうです。
20kgぐらいは有ろうかと思われるロウニンアジは20年近く飼育されて居るそうです。

餌やりの時間のようです、大型魚はどのような捕食をするのかと興味津津で待っていましたが、餌として与えていたのは鰯などの小魚ではなく、ペレット状の物でした。小魚を補食するところが見たかった。・・残念。

館内は美しく、珍しい魚や食卓に並ぶ魚、名物のクエなども展示されていて、年甲斐もなく、ワーワー、キャーキャー、結構楽しいです。












0 件のコメント:

コメントを投稿