2015年9月24日木曜日

ソファカバーの張り替え

リーン・ロゼのCALIN type2という二人掛けのソファですが、もうかれこれ17年位使っております。
2年ほど前にカバーが破れてたので、張り替えの見積もりを取ると、驚きの価格だったので、市販のソファカバーを掛けて使っておりました。

先日、リクライニングチェアの張り替えが上手くいったので、調子に乗ってこちらも張り替えてみる事にしました。

ソファのカバーを外してみると、カバーの内側には綿を縫い付けて、厚みを持たしております。
本体のスポンジ+綿の上に、綿付きのカバーという訳です。
布地のカバーだけだと思ったのに・・・。

ここで止める訳にはいかないので、カバーの縫い代を解いて、綿の縫い代も解いていきます。
部品点数12点、それを布地と綿を別々に外して、バラバラすると24点とファスナー4点になりました。
バラバラにするだけで丸1日掛かりました。

う〜ん。これ、バラパラにしたのは良いけれど・・作り直すことできるかな・・・。
綿と布地ってミシンで縫えるの・・?

明日、バラバラにした布地を元に、新しい生地にサイズをトレースします。
外した綿とファスナーは、まだ使えそうなので再利用。
疲れました。今日はもう終わります。


0 件のコメント:

コメントを投稿