2014年11月1日土曜日

ソニー DSC-RX100M3 満足、満足。

ソニー DSC-RX100M3
やっぱり出てましたね。(3か月前にでていたのを知らなかった)
1つ前の型で、RX100M2は持っており、画質も操作性も良く、満足していたのですが・・。

ビューファインダーが付いていないので、外で撮影しようとすると、液晶が反射してとても見づらい。
その上、最近、特に老眼が進んできている私には、どうもこの近くの液晶にピントが合わない。
悪いことは、まだあり、買ってすぐに落としたので、前のリングの動きが悪い。
ビューファインダー付きの他のカメラを見てみても、買い換えようという気が起こらない。

何か足らない。

それで諦めていたのですが。
先日、ググッていると、カメラのキタムラでRX100M2を高価買い取りと出ています。

一度落としてリングの所にキズがあるので、査定は低いだろうなと思っていると、なんと査定額21000円。
追い金は54500円、こんなチャンスは2度と無いと即決。

こういうタイプのカメラの画質は、やはりソニーが美しいと思いますね。

電子ビューファインダーが付いています。
3型の液晶モニターは自分撮りをする時、クルッと180度回転して正面を向きます。
レンズは35mm判換算で24〜70mm。
特にプレミアムオートで撮ると高感度でも画質も良好。

薄暗いところを撮ると感度1600まではとても良好、それ以上になるとノイズリダクションが自動で効いてきて画質がホンワリとしますね。

このカメラは「プレミアムオート」か「おまかせオート」で撮影するのが、一番良い設定を選んでくれるようですね。

それとオートレビューのスイッチが付いています。
これを「切」にしておくと、待ち時間なしで次々とシャッターが切れることも、気持ちが良いです。
(プレミアムオートで自動的に何枚か撮影して画像を作る場合は処理中がでます)

ポケットに入り、手軽に持って行く事の出来るコンデジに、これ以上、望むことは無いですね。




0 件のコメント:

コメントを投稿