2013年12月1日日曜日

久しぶりの「牛馬童子」


休日はどこに行く vol.266
紅葉を見に南へ
(和歌山県 田辺市中辺路町)

早朝の5時頃、目が覚めた。
そうだ、南の方へ紅葉を見に行こうと、寝ている妻を起こして無理矢理連れて行きました。
まずは、熊野古道沿いという事で、中辺路町の滝尻王子へ。
8時30分に到着です。
まだ、山間に隠れて、陽はあたっておらず、車から降りると息も白く、ヒンヤリとしています。
駐車場には古道歩きをする人達の姿が、あちこちに見えます。
沢山の落ち葉です、紅葉の方は少し遅い様な気がしますね。

「・・・さむい」、早々に切り上げて、高原熊野神社に向かいます。

ここは高台で見晴らしの良い所ですね。
朝霧でも有名ですが、今日は良く晴れています。
休憩所のおばあさんが、「まあ、寒いからこっちにでも」と休憩所から手招きです。
ついでにイモ餅とヨモギ餅を買って。
・・・あっ、買ったの、もう食べてる。

次は10何年、行っていない、「牛馬童子」に行きます。

国道の道の駅の上の方にあるのですが、急な坂道を上って行かなくてはならないので、旧の国道に入って行きます。

旧国道からは2分程度上った所にありますが、50cm程度の小さな像です。
名前のとおりに牛と馬の2頭にまたがる様に乗っています。
不思議な光景ですね。

この後、いつもの様に道の駅「熊野古道中辺路」に行って、いつもの様に3色おにぎり(めはり、さんま、いなり)弁当500円を買って、走ろう。

「ムムっ」何何、瀞峡の「瀞ホテル」が営業しています。
との張り紙が・・・。

店の方に聞くと,宿泊はしていないが、喫茶、軽食をしているとの事。
よし、行こう。
予定変更、「瀞ホテル」に向かいます。






0 件のコメント:

コメントを投稿