2013年11月24日日曜日

恒例の「出石皿そば日帰りドライブ」


休日はどこに行く vol.263
出石皿そば
(兵庫県豊岡市出石町)

今年もこの季節になりました。
今年で3年目、12月になってからの予定を天気予報を見て急遽、繰り上げて恒例の「出石皿そば日帰りドライブ」に行ってきました。
早朝6時に出発して日暮れまでには和歌山に戻って来ようと、出発です。

出石に到着したのは9時15分、予定より早く到着したため、何処もそば屋さんは開いていません。
10時まで街をブラブラして、開店と同時に「近又」に入りました。
これ、「きんまた」と読むそうです・・・。
ググってみると、関西風の出汁で美味しいと書いていましたが、私が思う関西風では、ありませんでした。

2軒目は「彩蕎子」ここは「さいきょうし」と読むそうです。
なんで2軒とも読みにくいの。
キリッと辛口と、これまた、ググったものには書いていましたが、私には2軒ともそんなに味は違わなかった様に思います。
私の舌がおかしいのか・・・な。

今日は何軒かを、はしごする予定できていたのですが・・・。
出石そばに付いてくる生卵はウズラでは無く、何故、にわとりなのですかね。

店員さんの説明は、最初は薬味で、次に山芋を入れて、その後に味が大きく変わるので卵を入れて下さい。

最後は、そのだし汁にそば湯を入れて飲んで下さいと言うので、その通りにしたのですが・・・。
確かに、こんな大きなニワトリの卵を入れたら味が変わりますよね。

2軒目を出る頃には、そのそば湯と生卵入りのだし汁でおなかがいっぱい・・・。
これ、そば湯を楽しむってものではないよね。
「ナマ卵スープ」だよね。

私の感想・・・絶対にこの卵は要らない。
この年になると、物を食べ残す事が出来ない、悲しい性分が出てしまい。
・・・しかし、生卵2つも食べたら、おなかが・・・。
という訳で、出石そばをはしごする予定は2軒目で残念しました。

しかし、車で1時間位の所に、「床瀬そば」というのが出ていますね。
まだ時間は早い、もう一軒、違うソバ屋を回ってみますか。






0 件のコメント:

コメントを投稿