2013年11月16日土曜日

八斗蒔の紅葉・大冒険


休日はどこに行く vol.261
八斗蒔の紅葉
(和歌山県 日高郡日高川町上初湯川)

和歌山にもこんなに紅葉のすごい所があるのだと、ビックリです。
和歌山は山が多いですが、このほとんどは杉、檜が植林されて色鮮やかな紅葉の所は少ないですが、ここ「八斗蒔」は県下でNo.1と言えるでしょう。

まるでおとぎ話の挿絵にでも出てくる様な山を始め、色々な色の入り交じったとても鮮やかな紅葉が楽しむ事が出来ます。

ただ、道が悪い。

わたしも初めて行くので、まずは日高川町役場美山支所(旧美山村役場)で車で行く事が出来るか尋ねると、多少の落石があるが舗装もされており大丈夫との事です。

役場の対岸を走る県道194号線を上初湯川の方に上って行くと「八斗蒔峠」の標識が何カ所かで出てきます。
これに沿って上って行くのですが、山中に進む程に道幅は狭くなり、対向の出来ないが続きます。

「えっ」・・・前方から大型のダンプカーが降りてきます。
たまたま、少し広くなった所があり、うまく対向できました。
これ、違う所だったら、どれだけバックしないと・・と考えると・・・。
どうやら、奥の方で道路の復旧工事をしているみたいです。

雨上がりに来たので、道路には沢山の濡れた落ち葉が落ちていて、急ブレーキを踏むと少し滑ります。

今度は、木材を満載した大型トラックが道幅イッパイで降りてきます。
何とか少し広いとこで対向。

少し、嫌になってきました、目的地はまだまだ遠いです。
この道、本当に大丈夫 ?

距離的には、そんなに無いのですが、落ち葉で滑る細い道道、大型のトラック、時間はたちますが、距離は進みません。
不安ばかりが膨らみます。

しかし、段々とすばらしい紅葉が開けて、助手席で「怖い怖い」を連発していた妻の声も「すごい」「こんなの初めて」に変わってきましたね。

この辺りは植林がされていないので、一面の雑木林が色鮮やかに紅葉しています。
紅葉のトンネルになっている所もあります。
ビデオカメラ持ってくれば良かった・・・。
ただ、前から車が来るかもと思うと、少し広くなった所でしか車を止める気になりません。

八斗蒔峠の少し手前までこの紅葉の美しい風景は続きます。

美山支所から約2時間かけて、車でゆっくり上ってきました。
峠では木材の伐採が行われております、さっきのトラックここから降りてきたの。

この先、全面通行止めと書かれた標識が山頂の分かれ道に立っています。
この標識どちらを指しているのか解りにくい。
日高川町のガイドマップには寒川神社に降りて行く道が書かれているが・・・こんな道あるの ?

確認しながら降りてきたはずだが・・・。
龍神村の小森谷の方に降りてきている、しかも、あと4km位で国道と言う所で全面通行止めの標識が・・・・最悪。

美山支所を出てから、約3時間、来た道を戻るの・・・。
日が暮れてから、あの道を戻るのは・・・絶対にイヤ。

ええいと言う事で。
工事もしていない、誰もいない、バリケートも半分開いている。
道は半分、谷川に落ちて崩れているが、絶対に戻りたくない・・通過。

やっと高野龍神スカイラインの元の料金所の所に出ました。
カーナビを見ると自宅まで98km、温かい、きつねうどんでも食べて帰ろう。

八斗蒔の紅葉は確かに美しい。
しかし、それなりの覚悟が必要かと。












0 件のコメント:

コメントを投稿