2012年12月15日土曜日

寒い。


休日はどこに行く vol.091
(和歌山県 橋本市あたり)

寒〜い日に、ランチに行きました。
6・70年位前の造りです。入り口を入ったところの4畳半くらいの・・部屋・・?。
暖房は無く、誰かが入り口を開けるたびに、みぞれ交じりの雨が降っている外の風が入ってきます。
両隣に見える部屋には一応、暖房機らしき物が置いてある。
「すみません、ここ、すごく寒いのですが」と言うと「あまり変わらないと思いますが」と言いながら奥の部屋に通された。
最初の暖房のない部屋よりは少しマシか。一応小さなエアコンは付いている、しかし障子と柱の間には大きなすきまが、奥には土間らしき所に炊事場が見える。

実家も子供の頃こんな風だったな、と思い出します。
土間の炊事場、すきま風。
せめて手火鉢が欲しいが、今の時代はこれを求めるのは贅沢か。

息も白い。
古民家という感じでは無いが、こうも寒くては、味わいどころではない。
エアコンは一応動いているがほとんど効いていない。
息が白く見える。入れてくれたお茶の湯気がはっきりと白い。
しかし料理に温かいものは無さそうだ。

子供の頃はこんな風だったなと、懐かしく思い出す。
それにしても寒いです。食後の温かいコーヒーを飲んで早く帰ろう。

冬はいつもなのか、たまたま行った日がそうだったのか、解りませんので、ご容赦下さい。



0 件のコメント:

コメントを投稿