2015年2月18日水曜日

年金がもらえる年になってしまった。

61歳の誕生日を過ぎると年金の手続きに行かなくてはなりません。

若い頃や忙しく仕事をしていた時代は、年金なんてと思っていましたが、
我々のような変動所得制度の中で生きている者にとっては、金額の大小にかかわらず、2ヶ月に1度、一定の決まった金額が振り込まれるというのは、うれしい物です。

とは言っても、勤めていたころの厚生年金が61歳からもらえるだけで、国民年金は65歳からです。
勤めていたのは、若くて給料の低い12年間なので、厚生年金はほんのわずかですね。
後の約30年間は国民年金の加入です。

もう少し蓄えを残しておけば・・・と思うのは誰しもの事ですが、所得の多くは仕事の機材に化けて、今やクズ鉄となり、引き取ってもらうにも費用がかかるなんて事になっていますね。
それでも新しい機材は買い続けなければ、ついて行けません。
新しい機材に興味が無くなれば、仕事は辞めよう。なんて思いながら。

早く暖かくなって、ポヨヨ〜ンと釣りにでも出かけたいですね。
心にも春よ来い。


0 件のコメント:

コメントを投稿