2017年7月17日月曜日

ドローンから見た和歌山の風景_11

フェニックスクリフ・フェニックスの大褶曲(すさみ町)

すさみ町に屈曲した状態の地層が見える所があり、以前から一度見てみたいと思っていたのですが、思い切って行って来ました。

海岸線に降りていく道が解らず、観光案内所で聞くと、
「道が悪いので、あまりお薦めできません」との事です。

一度は諦めたのですが、本日の天気、風無く、快晴、ドローンにはもってこいの状況です。

妻と「行こうか」と言うことで、靴をトレッキングように履き替えて、国道の横の道らしき所を降りていったのですが、
途中から、おおっ、と言うような勾配で落ちそうな道です。
後ろ向きで、木を掴みながら、、何とか、

海岸線に降りてみましたが、それらしき物は見えません。
左の方へ回り込まなくては行けないようですが、潮が高くて、ムリですね。
この時の潮位、110cm位です。

ドローンを飛ばして、それらしき所を探すのですが、解りませんね。
もっと大きな、高輝度のモニターの必要性を感じますね。

バッテリーも2個目になった頃、
妻が「これ、これ。」
やっと見つけました、我々の立っている所の裏側です。
潮が低ければ、簡単に正面に行くことが出来るのですが、苦労します。

「つ」の字状にグニッと曲がった地層がはっきりと見えます、
おおっ、すごいですね。
この辺りには、このように褶曲している所がいくつかあるそうですが、私たちはここだけで満足です。

帰りの坂道を考えると・・・。
お疲れ様でした。











0 件のコメント:

コメントを投稿