2017年4月27日木曜日

Phantom4用、プロペラガード no.62

現場で飛ばそうとすると、なかなか平坦な場所が少なく。
道路からの発着は禁止されていますから、
手からの離陸と、手への着陸が、どうしても必要になってきますね。

ただ、これがなかなか、怖いのです。
ブンブンと騒音を出しながら、回っているブレードの下、5cm程度の所を掴もうというのですから、それこそ飛んでいるクマバチを掴みに行くような感じですよね。

そこで、新しい形のプロペラガードを購入しました。
以前の半分くらいの大きさで、前方と後方の部分が無くなって、障害物センサーは効くようになっています。
ただ、バッテリーの後ろの脚の部分を、手で掴もうとすると、その上にはガードがありません。

以前のプロペラガードは良かったのですが、障害物センサーがガードに当たって、作動しないという、なんとも、なんとも、という物で、今回の物に期待していたのですが・・・。

ドローンを自分の手元に持ってくるのでは無く、ホバリングさせて、横からつかみに行くというのが、正しい方法なのでしょうね。

練習、練習、上手に出来るようになりますように。


0 件のコメント:

コメントを投稿