2016年9月7日水曜日

キャノン PowerShot G5 X

使っていたソニーのRX100M3を甥っ子が欲しいと言うので、あげてしまったまでは良かったのだが、よ〜く考えると、自分が使うコンデジはソニーのTX-10というかなり古いのがあるだけで・・・。

新しいのを買ってみようと色々と見てみたのですが、
晴天の日も使いたいとなると、液晶ビューファインダーは必需品。
バリアングルまたはチルトの液晶モニターが付いている機種というと、ミラーレス一眼を含んでも選択肢は少ないですね。

ネットで見ていると価格のこなれた、バナソニックのLX100も評判が良いですね。
センサーも大きいのですが、画質が少し、好みと違います。

ソニーはと言うと、RX100M4が新しく出ていますね。

新しいRX100シリーズが出るたびに価格が上がって、RX100-M4はamazonでも115340円という、コンデジとは思えない価格ですね。

それともう一つ、フルサイズのセンサーを付けた、DSC-RX1RM2
に至っては、428,880 円+税という価格設定です。
コンデジでこの価格、ヒェ〜。と言うやつです。
ここまで来たら仕事で使えるカメラヲ選びます。

悩んだ結果、キャノン PowerShot G5 X
この手のカメラはいつも「カメラのきたむら」です。
67440円、5年延長保証を付けて7万円程度。

「カメラのきたむら」は、使わなくなった、カメラを店頭で下取りしてくれるのが良いですね。
今回も全く使わなくなったキャノンの5D初期型、を19000円で下取り。

最近購入して、2回程度、使ったが、あまり使い道が無くて、ケース入りのままであったソニーのHDR-AS50R。
を25000円で買ってくれるという良き友人がいたので、こちらも売却。

これで、残金は25000円、
これなら、大丈夫の範囲ですね。

使い勝手は良いですね。
液晶も鮮明。
私は、チルト式よりバリアングルのファインダーが好きですね。
それに露出補正が単独ダイアルになって付いているのがとても良い。
レンズを収納すると薄くなりますね。

なんとなく、昔のキャノンF1を思い出させてくれるカメラです。


0 件のコメント:

コメントを投稿