2016年1月26日火曜日

ボートの椅子がカタカタと動く。

外から見ても可動部分にグリスらしき物が固まってくっついています。
どうもシートダンパーに問題がありそうです。
修理を依頼すると部品が出ていないので、交換しかないとのことです。
結構、高いです。

そこでダメ元で分解しましたが・・・構造がわからない。
いつものことです。

そのまま、友人のところに持って行き見てもらいました。
中に入っているショックアブソーバーは正常との事。
その外側についているグリスが少し減って金属同士が当たって少しすり減っていました。
きれいに掃除して、グリスを詰め直してくれて、ガタつきが少なくなりました。

それで完了だったのですが、家に帰ってきてて、もう一度、練習にと、分解すると今度は、うまく組み上がりません・・・エラいこっちゃ。

ああでもない、こうでもない、と格闘。
上に2本のボルト、下に4本のボルトで止まっています。単純なのですが、色々と試してみます。

下の4本のボルトは何処に差しても止まるのですが、内の2本は差し込む場所が決まっているような感じです。
この2本のビミョウな締め具合でガタつきが殆どなくなりました・・(ケガの功名)

上の2本と下の2本は固定用。
下の残りの2本は調整用。
なのでしょうかね。
これが正解かどうかは解りませんが、ともかくガタつきが無くなり、良かった、よかった。


0 件のコメント:

コメントを投稿