2016年10月23日日曜日

丹波産黒豆の枝豆、少し遅かった。

バタバタとして、プログから遠ざかっていました。

丹波産黒豆の枝豆
10月の上旬に行きたかったのですが、予定がつかず、少し遅いかなという感じで、丹波篠山まで行って来ました。
販売店を回って見るも、もう一つという感じで、やはり少し遅いですね。

仕方ないので、蕎麦でもと思い、とあるお店に入ってみました。
11時40分頃に着いたのですが、満席で1時間くらい。待って下さいとのことです。
さぞや、美味しいのだろうと、期待、大です。
一応予約して、店の回りをプラプラ。

ようやく、呼んでくれたので、
天ざる蕎麦大盛り1500円
とろろ蕎麦大盛り1500円を注文したのですが・・・。
出て来たのは、・・・これ、固いよね・・・。
腰が強い、と言うより、固い。
固くて、つるつるって、すすれないよね。
良くかまないと、飲み込めません。
妻、「これ、美味しいの・・・」
私、「ゆで方・・打ち方・・が悪いのか・・・」
後ろの席の人「固いね・・」
後ろの方は、そのあと。無言で、出て行きました。

なにか、作り間違って、いないかね。
と、聞くわけにもいかず。

私が注文した、とろろそばは、篠山特産品のヤマノイモを使用と書いておりますが、
粘りが異常に強すぎ。
そばつゆに入れて混ぜようと、器から出して、お箸で混ぜても、かたまったままで、とろけませんね。
不思議な蕎麦です。

これで11時半に開店して、12時半には完売。
この蕎麦の何が美味しくて、人が集まるのか、理解不能ですね。

以前にも何軒か、この辺りの、美味しいと言われているお蕎麦屋さんを回ったことかありますが、この辺りの蕎麦は、固いですよね。
その上、名店だと言われると、冷たいお蕎麦しか置いていないのも、不思議ですよね。
外も屋内も、少し肌寒いのですがね。

目的の枝豆は、結局、良いのが見つからずに、諦めていたのですが、帰りの高速道のSAでJAのお兄ちゃんが販売していた物が良かったので、購入しました。
この時期のは少し薄皮が残ると言っておりました。
まだ、お昼の蕎麦で胃がモラモラとしていますが、
今夜、湯がいて、頂いてみます。


0 件のコメント:

コメントを投稿