2015年10月4日日曜日

畳むことの出来る裁縫台。140cm×180cm

先日から友人の建具やさんに頼んでおいた作業机が届きました。
使わない時は場所を取らないようにと、天板と脚をバラバラに出来るようにお願いしていました。

大工さんが、よく現場で使っている作業台で、脚の部分はコンバネに切れ込みを入れて現場で組み立てる作業台です。

できる限り軽くという事で、コンバネに穴を開けたりして、ネットでも似たような記事を探して、大丈夫だと思って注文したのですが・・・。
やはり、脚がコンパネだけではグラグラしますね。

上からの力には人が乗っても大丈夫なのですが、横からねじる方向に力が掛かると崩れそうになりますね。
やはりミシンを置いて使用しようとすると、ネットに書いてある事だけでは無理なようです。

補強はホームセンターで2×9cmのSPF材を買ってきて、自分で取り付けたので、少し汚いですが強くなりました。
その上、ねじ穴だらけになりましたが、最終塗装をすればこれも隠れるでしょう。
形としては、中央に「強い四角形」が出来るように補強すると、ねじれに強いようですね。

ただ全て固定してしまうとバラバラに出来ないので、2カ所クランプで固定するだけで脚が完成するように補強材を取り付けました。
なかなか強くて、軽く仕上がりました。
天板は140×180×3cmで、サイズ的に1人で持ち運べる限界ですね。




0 件のコメント:

コメントを投稿