2014年1月11日土曜日

SONY_DSC-RX100M2


最近、仕事場にこもりっきりで外に出ていない。

今、ポケットに入れて持ち歩いている、sony_TX10も2世代前のカメラで、明るい所は良いのだが暗い頃になると、やはり、ムリが出やすい。
新しいのと思って年末頃から探していたのだが、ようやくこれに決定です。
安い所は他にもあるのだが、カメラはカメラ店でということで、キタムラカメラのネットショップで購入。

まだ使っていないので詳しくは解らないが、液晶画面の動くのがちょっとお気に入り。
TX10に比べると重さ厚みともに倍くらいの物になっているが、最新技術が詰まっているね、と言う感じです。

以前はフルサイズの受光素子を使った一眼レフは別格の存在であったが、最近のこのタイプのカメラも引けを取らない「美しさ」と「早さ」を持っていますね。
コンデジのレスボンスの悪さは、もう過去の物という印象です。
早い、設定さえ変えればビントもシャッターラグも気にならないです。

広角側で4cmの距離でピントが合う。
仕事をしていると、このような写真を見せられ、こんな風にと言われる事が有りますが、フルサイズの受光素子カメラでは物理的にムリですね。
そんな時も充分に威力を発揮してくれる事と期待を込めて。


0 件のコメント:

コメントを投稿