2013年3月2日土曜日

信太神社のクスノキ


休日はどこに行く vol.137
信太神社のクスノキ
(和歌山県  橋本市高野口町九重283-1)

信田神社(しのだ)に大きなクスノキがあります。
根に近い部分は、岩とも木とも見分けが付きにくい程にねじれ、大きなコブが重なり、何か叫んでいるような変形した穴があいています。

その上、隣のクロガネモチの大木と根元から融合してます。
一見すると一本の木が根本から枝分かれしているように見えるのですが、よく見ると二本の違う木です。

神社は道路より一段高い所にあり、境内の端にこの木があるので道路に降りると張り出している根の部分がよく見えます。
案内板には、推定で樹齢が約400年と書かれています。

確かに400年間のこの地を見守り風雪に耐え抜いたという形相をしています(拝)。





0 件のコメント:

コメントを投稿