2012年10月5日金曜日

また買ってしまった。じゃばらポン酢「じゃぽん」

先日、南紀をぐるっと回ったときに立ち寄った和歌山県の北山村で買った、じゃばらポン酢「じゃぽん」。
家で水炊き鍋をしてタレに使ったところ、ポン酢でありながら、まろやかな感じでとても美味しかったので、また、注文してしまった。

360mmlで1本840円で5本買い、送料を足して4780円。普通に売っている商品と比べるとかなり高いが、私はその分以上に美味しいと思います。


























妻は蜜柑の専業農家の生まれで、小さい頃から裏の畑に植えてある橙を採ってきて皮を剥き、搾り、醤油とお酒を加えて、寝かしておいた物を鍋のタレとして食べていたらしく、スーパーなどに並んで売っているものは薬臭くて美味しくないと、ず〜っと言っていました。

ところが「このポン酢は薬臭さが無く、味もまろやかで美味しい」、と言うのでまた購入したわけです。
(市販されているポン酢タレが薬臭いと言うのは、一般の家庭で育った私にはあまり、解らないのですが)

ふるさと和歌山わいわい市場の「じゃばら村センターわいわい市場店」で購入しました。やりとりもメールですがamazonで購入した位、丁寧でした。
少し難を言うなら、ある程度まとまって買えば、送料を引いてくれると、ありがたい。

このポン酢で明日は「地産地消水炊き?」を作って見よう。

0 件のコメント:

コメントを投稿